2018年12月17日

第160回芥川賞・直木賞候補作品

第160回芥川賞と直木賞の候補作が発表された。

芥川賞の候補作に選ばれたのは、

上田 岳弘さんの「ニムロッド」、

鴻池 留衣さんの「ジャップ・ン・ロール・ヒーロー」、

砂川 文次さんの「戦場のレビヤタン」、

高山 羽根子さんの「居た場所」、

古市 憲寿さんの「平成くん、さようなら」、

町屋良平さんの「1R1分34秒」の6つの作品だ。

直木賞の候補作には、

今村 翔吾さんの「童の神」、

垣根 涼介さんの「信長の原理」、

真藤 順丈さんの「宝島」、

深緑 野分さんの「ベルリンは晴れているか」、

森見 登美彦さんの「熱帯」の5つの作品が選ばれた。

芥川賞と直木賞の選考会は、

来月16日に行われる。








上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。