2018年12月02日

視覚障害者の本の読みかたです

私たち視覚障害者が利用している

図書館「サピエ」での蔵書件数が、

最近発表されました。

コンテンツは、点字約20万4千タイトル、

音声デイジー8万5千タイトルで、

毎年それぞれ約1万タイトルが

新規登録されているほか、

テキストデイジー(6,382タイトル)、

マルチメディアデイジー(209タイトル)

という蔵書数です。

やはり、点字と書画多いのですが、

最近は、朗読された音声デイジーが増えております。

テキストデイジーとは、朗読された本ではなく、

テキスト文章をデジタル化したものを、

専用端末の音声合成音で読む方法です。

これですと、新書版が早く読めます。

朗読された本は、朗読という時間が必要なため、

完成するまで2ヶ月ぐらいかかります。

このように、現在は視覚障害者の読書環境は

様変わりしています。

下記の動画は、タブレットで本を

聞いている動画です。














上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。