2018年11月02日

全盲で司法試験に合格した27歳の女性

これは快挙である。

全盲の女性が、難関と言われる

司法試験に合格したのだ。

男性では、全盲で司法試験に合格した人は

5人いるが、私の知るかぎりでは

女性では初めてだと思う。

名前は、板原 愛さん  27歳

出身は大阪府岸和田市

筑波大学附属視覚特別支援学校卒業

青山学院大学法学部 Jurisprudence卒業

早稲田大学大学院法務研究科 法務卒業

という略歴だ。

これから、司法研修を1年受けた後は、

弁護士になりたいと話した。

お父さんも視覚障害者だが、親思いのしっかりした

女性だとインタビューの話から読取れた。

司法試験を2回のチャレンジでパスしたのには

アッパレ以外言葉が見つからない。

将来は弱者や福祉などの民事のほうで仕事をしたいと語っていた。

大いに活躍してほしい。








上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。