2018年06月28日

一冊の本

タイトル 指と耳で読む

副書名 日本点字図書館と私

著者名 本間 一夫著

出版者と出版年月 岩波書店 1980年11月

この本を読んだ。

著者は日本点字図書館の創始者だ。

名前は知っていたが、詳しいことはわからなかった。

日本点字図書館は、東京新宿高田馬場にあり、

視覚障害者にとって重要な場所だ。

私も用具の購入とか書籍の相談など幅広く利用している。

創始者である本間 一夫は5歳で失明、生家が裕福だった。

東京の盲学校から大学に進学。

1940年でのことだ。

盲人も、学問を身につけなければという発想から、

点字図書館を設立した。

70年以上前のはなしである。

もちろん、順風満帆とはいかなかった。

戦時中には空襲で建物が焼失し、

点字図書を失ったり、いろんな困難があった。

先人はすごい!

この本を読んでよかった。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。