2018年06月09日

甥の著作本

私の甥が4月に上梓した本が、

音訳ボランティア「銀河の会」で

音訳以来をしていたが、

昨日、「銀河の会」のTさんから

音訳本を郵送したとのメールをもらった。

本は、そのまま読めないので

音声朗読してデジタル処理し、CDにコピーする。

視覚障害者にとってはありがたい。

早速聞いてみたい。

本のタイトル

恩讐と迷走の日本

政治記者だけが知る永田町の肉声ドキュメント

青山和弘 著

出版社  文藝春秋  2018年4月






上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。