2018年04月24日

本のデジタル制作を依頼

先日22日、甥が文藝春秋から上梓した

著書の音訳デイジーの制作依頼を

音訳ボランティア「銀河の会」の

Yさんにお願いした。

音訳デイジーとは、視覚障害者が本を読むには

朗読された録音図書をデジタル化し、

さらに圧縮してCDに書き込むことだ。

この圧縮技術はスウェーデンの大学が

考案して、現在、世界共通で採用されている。

これにより、CDに何十時間の録音が可能になった。

この録音図書を聞くには、専用の端末が必要だ。

それが下記写真の「プレクストーク」だ。

視覚障害者であれば殆どの人が利用している。

本の制作は3ヶ月ぐらいかかりそうだとの

Yさんからあった。

7月ごろには読めるだろう。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。