2018年03月08日

風邪薬のニュース

1回服用するだけで高い治療効果があるとされる
新しいインフルエンザの治療薬「ゾフルーザ」について、
中医協=中央社会保険医療協議会は、
公的医療保険を適用することを決めた。

近く販売が始まる見通しになったという。

「塩野義製薬」が開発した
インフルエンザの治療薬「ゾフルーザ」は、
既存の薬のように数日間にわたって毎日服用する必要はなく、
12歳以上の場合1回2錠を服用すれば、
ウイルスの増殖を抑える高い治療効果があるとされている。

高齢者の私にとっても、嬉しいニュースだ。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。