2018年09月09日

名古屋はなぜ魅力がない?

なぜだろう?

 全国の主要8都市のイメージ調査

(2016年7月実施)で

「最も魅力のない都市」となっていた名古屋市が

今年7月、同様の調査を実施したところ、

前回に続いて、最下位だったことがわかった。

名古屋市ナゴヤ魅力向上室が5日、結果を公表した。

対象は名古屋市のほか、

東京23区と札幌、横浜、京都、大阪、神戸、福岡に

5年以上住む各都市の男女約400人、

計約3300人から回答を得た。

 自分が住む都市への「愛着度」「誇り度」「推奨度」の

回答を指数化した結果、

愛着度は7位から6位に改善したが、

誇り度は前回と同じ6位、推奨度は最下位のままだった。

 また、買い物や遊びを目的とする「訪問意向」の指数は

前回の1・4ポイントから2・7ポイントに改善したが、

7位の大阪市は18・8ポイントで大差をつけられた。

最も魅力を感じる都市で最下位、

最も魅力に欠ける都市では最上位となり、

前回と同様、最も魅力に乏しい都市となった。

 一方、名古屋で訪れたい所や体験したいことを尋ねたところ、

3分の1の人が「名古屋城」と答えたが、

「特にない・思いつかない」も3割近くを占めた。

この関連データは下記URLで閲覧できる。

http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/soshiki/50-2-1-1-0.html



  


Posted by グランパ at 11:11 │コメントをする・見る(0)