2018年11月13日

株式関連ニュース

「ソフトバンクグループ」の子会社で、

携帯電話事業を手がける「ソフトバンク」が

来月19日、東京証券取引所に上場することが決まった。

今の時点の想定価格を元にした時価総額は

およそ7兆1800億円と、ことし最大の上場になるようだ。

「ソフトバンク」が上場すると、

親会社とともに、いわゆる「親子上場」となる。

ちなみに、親会社の「ソフトバンクグループ」の

時価総額は、12日の時点では9兆6600億円。

親会社の「ソフトバンクグループ」は、

上場で得る資金を「AI=人工知能」などの

分野の投資に充てる考えのようだという。

12月の株式マーケットは、

このニュースで盛り上がるのか興味がある。

最近のソフトバンクは、トヨタとの新会社設立など

活発な動きをみせており、

その動向に注目している。




  


Posted by グランパ at 06:10 │コメントをする・見る(0)

2018年11月12日

風邪の季節

今年もインフルエンザの季節がやってきた。

あちらこちらで、風邪の話しが。

我が家も来月の予防接種予約日に

総合病院へ。

今月初めに私は風邪をひいて「のど」をやられた。

用心しなければ...。




  


Posted by グランパ at 21:20 │コメントをする・見る(0)

2018年11月11日

解決しました

私は、タブレットはiPadを利用している。

最近、検索アプリのgoogleが「ボイスオーバー」に

対応せず、困っていた。

視覚障害者はPCやスマホ・タブレットなどは

画面のテキスト文書を読み上げる

音声スクリーンリーダーが必要だ。

それがAppleでは、ボイスオーバーだ。

そのボイスオーバーが、googleの検索アプリでは、

最近は音声を読み上げてくれなかったが、

今朝、google検索アプリのPug修正アップがあり、

テキスト文書の読み上げができるようになった。

よかったあの一言である。




  


Posted by グランパ at 07:43 │コメントをする・見る(0)

2018年11月10日

スマホ関連

Samsung は先日、

折れ曲がるフレキシブル有機ELデ

ィスプレイを採用したスマートフォンの

コンセプトモデルを公開した。

画面を内側に二つ折りする機構で、

開くと7.3インチのタブレットになる。

外側にも細長いディスプレイを搭載し、

折りたたんで通常のスマートフォンのようにも使える。

数カ月以内に量産を開始するという。

アップルが9月ぬ新型iPhoneを10月には、新型iPad Proを

発表したが、タブレットやスマホにも

新しい風が吹きそうな予感がする。





  


Posted by グランパ at 11:46 │コメントをする・見る(0)

2018年11月08日

ある作曲家の訃報

訃報のニュースが届いた。

アメリカ映画「ある愛の詩」(1970年)で

アカデミー作曲賞を受賞した

フランスの作曲家フランシス・レイさんが亡くなった。



フランスの伝説的シャンソン歌手エディット・ピアフや

イブ・モンタンなどに曲を提供した。

映画「男と女」(1966年)での


「ダバダバダ~」のメロディーは、

フランシス・レイの名前は知らなくても

どこかで聴いたことがあるだろう。

レイの音楽は、私のiPadにアルバムが

入っているので今夜聴いてみよう。








  


Posted by グランパ at 12:05 │コメントをする・見る(0)

2018年11月07日

障害者スポーツ競技「ボッチャ」

今朝の新聞によると、

日本ボッチャ協会は、

2019年の日本選手権を

豊田で開催することを

太田市長に報告した。

大会は来年12月20日から22日まで、

スカイホール豊田で開催され、

県内では初開催となる。

ボッチャは障害者スポーツ競技。

ボッチャは、イタリア語でボールを意味する単語。

赤又は青の皮製ボールを投げ、

白い的球「まとだま」をジャックボール「目標球」に

どれだけ近づけられるかを競う競技で、

パラリンピックの公式種目となっている。

 来年の日本選手権の8カ月後には

2020年東京パラリンピックが開催される。
ぜひとも、このボッチャ競技大会を

応援すたいものだ。







  


Posted by グランパ at 08:44 │コメントをする・見る(2)

2018年11月06日

全盲聾者とベストセラー作家の対談を読む

福島 智(ふくしま・さとし)さん

現在、東京大学教授で56歳

専門は、障害福祉学だ。

福島教授は9歳の時に失明し、18歳の時、

耳が聴こえなくなった全盲聾者だ。

社会福祉法人全国盲ろう者協会理事

世界盲ろう者連盟アジア地域代表

世界で初めて常勤の大学教授となった盲聾者として

アメリカの雑誌「タイム」に掲載された。

私は、今、作家 北方 謙三氏との対談された本を

読んでいる、

両者の対話は「指点字」である。

この「指点字」は、福島教授の母親が

考案したものだ。

現在、日本には2万人の全盲聾者が

いるというが、この「指点字」によって

盲聾者のコミュニケーションが一段と

レベルアップしたと言われる。

本の内容は、読んでいると二人の対談に

引き込まれていく。

今日もじっくり、読んでみよう。

タイトル 運命を切りひらくもの

著者名 北方 謙三, 福島 智著

致知出版社 2016年8月




  


Posted by グランパ at 10:36 │コメントをする・見る(0)

2018年11月05日

西山公園 YouTube

秋の西山公園の写真をYouTubeにアップしました。












  


Posted by グランパ at 04:20 │コメントをする・見る(0)

2018年11月04日

秋の西山公園 Part ⅱ 

これから西山公園も長い冬を迎えます。






























  


Posted by グランパ at 04:15 │コメントをする・見る(0)

2018年11月03日

秋の西山公園

31日の午前中、ヘルパーのKさんと

市内 西山公園に散策と写真撮影にでかけた。

朝早いので訪れている人はまばら。

風がちょっとあり、寒い感じ。

訪れた日が、遅かっただろうか。

バラも一部の花がカットされていた。

でも、ヘルパーさんの説明で、園内の散策を楽しんだ。

秋も終わりだなあ。

過ぎ行く時間の足は速い。


















  


Posted by グランパ at 06:35 │コメントをする・見る(2)